首页 | 设为首页 | 加入收藏

日本网民评论:韩国人最讨厌的国家排行榜,中国已经超过日本

来源: | 作者: | 发布:2017-03-22 12:47:12 | 人气: 次    

导读: 韓国人の最も嫌いな国ランキング、中国が日本を抜く韩国人最讨厌的国家排行榜,中国超过日本 【AFP=時事】米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の

 韓国人の最も嫌いな国ランキング、中国が日本を抜く

韩国人最讨厌的国家排行榜,中国超过日本
 
20170321-00000047-jij_afp-000-9-view.jpg

 

 

20170321-00000047-jij_afp-000-9-view.jpg

AFP=時事】米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国への配備をめぐり中韓関係が悪化する中、韓国人に他国の好感度を尋ねたアンケート調査の嫌いな国ランキングで、中国が日本を抜いたことが明らかとなった。

 

 

 

 围绕着美国在韩国部署最先进的导弹拦截系统萨德(THAAD),中韩关系持续恶化中。在调查韩国人对其它国家好感度的问卷中,最讨厌国家排行榜中,中国已经超越了日本。

 

 

 

 これまでは慰安婦問題をはじめ、旧日本軍による戦時中の残虐行為をめぐる論争が主な理由となって、日本が北朝鮮に次ぐ嫌いな国の地位を常に占めていた。

 

 

 

 在此之前,从慰安妇问题开始,以及围绕旧日本军在战争的残虐行为的争论为主要理由,日本常年仅次于朝鲜居于最讨厌国家的次席。

 

 

 

 しかし現在、中国は北朝鮮のミサイルの脅威に対抗するため韓国に配備されたTHAADについて、自国の安全保障を脅かすものとして強く反発しており、経済報復として、国内にある韓国系小売店数十店の閉鎖や、韓国への団体旅行の禁止といった一連の措置を取っている。

 

 

 

 但是现在,中国对于为对抗朝鲜导弹威胁而部署在韩国的THAAD,以自己国家的安全保障受到威胁为由进行了强烈的反制,作为经济报复,采取了关闭国内数十家韩国系零售店,以及禁止赴韩国团体旅行等一系列措施。

 

 

 

 韓国のシンクタンク、峨山政策研究院(Asan Institute for Policy Studies)が行った世論調査によると、10を最も好意的とする段階評価で、今年1月には4.31だった中国の評価は今月、3.21まで下がった。慰安婦をめぐる外交問題が発生した日本も、3.56から3.33へと下がった。

 

 

 

 根据韩国的智囊团,峨山政策研究院进行的舆论调查,10分作为最友好的评价分数。从今年一月中国的评价为4.31到本月下降到3.21。围绕慰安妇发生的外交问题的日本也从3.56降到了3.31

 

 

 

 また調査では米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領、中国の習**国家主席、日本の安倍晋三(Shinzo Abe)首相も好感度を下げ、中でも習国家主席の好感度は4.25から3.01と大幅に下がった。【翻訳編集】 AFPBBNews

 

 

 

 另外在调查中美国总统床破、中国国家主席xi、日本首相安倍晋三的好感度也发生了下降,其中习的好感度从4.25大幅下降到了3.01

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000047-jij_afp-int

 

 




 

児玉克哉 | 2017/03/22 04:06  

 

社会貢献推進国際機構・理事長

 

 

 

日本、中国、韓国は経済的にも文化的にも相互依存度を高めてきた。そして北東アジアは世界においても大きな影響力を持つようになったが現在3カ国の関係は最悪と言える状態だ。この5年間、日本と中国・韓国との関係が悪化し、日本が北東アジアでは孤立する状態であったが韓国のTHAAD配備では中国と韓国との間にも亀裂が入り3カ国すべてが対立する異常な事態だ。政治的な対立を超えて国民感情の問題に入り込んでいる。ナショナリズムが過熱しており、お互いが嫌悪する国民感情がさらに両国の対立を煽ってしまっている。北朝鮮はさらに攻撃的になっており不安材料がある。偶発的な事故によって各国のナショナリズムが暴走し、軍事紛争が発生する可能性も十分にある。米国はこの状態を仲介するというよりも煽りかねないトランプ政権だ。政府間でのホットラインなどコミュニケーションを保つとともに民間交流を継続して最悪の事態に対応する仕組みが必要だ。

 

 

 

日本、中国、韩国无论在经济上还是文化上相互依存度都是非常高的。然后在东北亚在世界上拥有巨大影响力的现在,3国之间的关系可以说是最差的状态。在这5年间里,日本和中韩的关系恶化,日本在东北亚处于孤立状态,而韩国在部署了THAAD之后中韩关系之间也出现了龟裂,3国全部陷入了互相对立的异常状态。超越政治的对立之外,还加入了国民感情问题。过热的民族主义、相互厌恶的国民感情更加煽动了两国之间的对立。朝鲜则更加成为攻击的目标,成为不安的因素。偶发事件使各国的民族主义失去控制,并且非常有可能发生军事冲突。床破政府下的美国在这个状态下与其说是进行调停更不如说是在煽动。政府间除了要通过热线电话等保持联系继续加强民间交流外,同时也要必须要有应对最差局面的对应方法。

 

 

下页为日本网民评论

相关推荐

日本网民评论:中国人、韩国人 和日本人难以工作的理由 日本网民评论:中国人、

合意重視で計画性のある国民性と合わない因为重视意见一致之计划性的国民性格,所以大家合不来日本人は、外国人にとって働きやすい

日本网民评论: 中国超速的「智能手机先进国」情况 日本网民评论: 中国超

日本とはいったい何が違ったのか与日本到底有什么不同?【日期】2017年3月10日中国ではスマホ購入の際のブランド志向が薄く、アッ

 

编辑推荐

特别头条