首页 | 设为首页 | 加入收藏

日本网民评论:中国成功在南中国海成功开采可燃冰

来源:龙腾网 | 作者:chunbong | 发布:2017-05-24 11:11:44 | 人气: 次    

导读:中国、海底メタンの産出成功=南シナ海で中国在南中国海成果开采可燃冰【北京時事】中国国土資源省は18日、海底にある次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」からの天然


中国、海底メタンの産出成功=南シナ海で

中国在南中国海成果开采可燃冰


【北京時事】中国国土資源省は18日、海底にある次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」からの天然ガス産出に同国として初めて成功したと発表した。日本は2013年に世界に先駆けて産出を実現したが、ガスの安定的な生産技術は確立していない。中国の技術レベルは不明。



——————————————————————————————————————————

同省によると、試掘は南シナ海の中国大陸に近い海域で実施。水深約1300メートルの地点を200メートルほど掘り下げ、今月10日から8日間で計約12万立方メートルのガスを生産した。


メタンハイドレートは、天然ガスの主成分であるメタンが低温・高圧状態で水と結合した固形物。「燃える氷」とも呼ばれる。日本近海にも豊富にあるとされ、「21世紀の夢の資源」といわれるが、技術的に生産の難易度は高い。

【北京时报】5月18日,中国国土资源部宣布,中国首次在南中国海海底成功开采了下一代能源“甲烷水合物”(编者:即可燃冰)能源,可从中获得大量天然气。日本曾在2013年世界首次实现了该能源的成功采出该能源,但并没有建立稳定的天然气生产技术。中国现有的技术水平尚不得而知。

本次试采是在中国南海附近的海域中进行,在水深约1300米的地方向下挖掘了200米的深度。从5月10日到5月18日的8天时间里,共挖掘生产出12万立方米的可燃冰。


甲烷水合物的主要成分是甲烷,是甲烷与水在低温和高压的条件下形成的固体,也被称为“可燃冰”。该燃料在日本近海也蕴含丰富,被称为“21世纪的梦幻资料”,但是用于生产的技术难度颇高。

 


以下为日本网民评论翻译


これが真の成功であれば、中国はますます海洋進出してくるぞ。

中国在这方面如果真的成功了的话,以后中国会越来越勇于进军海洋的。

——————————————————————————————————————————

    回复1:第一次列島戦、第二次列島戦戦略。メタンハイドレートの産出に成功しても、しなくても、西太平洋までを支配下に置くという戦略は、既定路線。

             这是中国的第一岛链、第二岛链战略。不管中国的可燃冰有没有成功产出,将西太平洋置于自己支配下都是中国的既定战略。  

——————————————————————————————————————————

    回复2:中国は毎週のようにあらゆる分野の技術に進化しているが,日本は陰湿の悪口しか進化していないよう.

             中国貌似每周都在所有的技术领域发展、进化,而日本却只能在瞎逼逼方面越来越NB 




相关推荐

日本网民评论:中国人、韩国人 和日本人难以工作的理由 日本网民评论:中国人、

合意重視で計画性のある国民性と合わない因为重视意见一致之计划性的国民性格,所以大家合不来日本人は、外国人にとって働きやすい

日本网民评论: 中国超速的「智能手机先进国」情况 日本网民评论: 中国超

日本とはいったい何が違ったのか与日本到底有什么不同?【日期】2017年3月10日中国ではスマホ購入の際のブランド志向が薄く、アッ

 

编辑推荐

特别头条